今日はKANA-BOON

さくらのうた」と「桜の詩」についてです。

この記事は以前アメブロに書いたものを再編集したものです。

 

 

 

さくらのうた」は2013年に出されたアルバム「僕がCDを出したら」に、

「桜の詩」は2014年に発売されたシングル「結晶星」のカップリングとして

収録されています。

 

 

読み方も同じこの2曲は対になっていて、

さくらのうた」は男の子目線、

「桜の詩」は女の子目線から書かれています。

 

2曲とも、別れた後もお互いのことを想っている気持ちが描かれていますが、別れた原因は描かれていません。

 

さくらのうた」は、男の子が別れた彼女にまだ未練を持ってて後悔の歌、というイメージ。

なんで別れたのか、なぜ終わってしまったのかわからない。

まだやり直したい、って思っている。

でも曲調が明るいので、聴いてて重苦しい感じは全くないです!

 

 

一方「桜の詩」は、別れてから月日が経ったあとの女の子の気持ち。

2曲を聴いていて、女の子から別れを切り出したのかなという予測ができるけれど、女の子も未だ彼氏のことを想っている様子。

さくらのうた」で男の子は自らを子どもだったなぁという風に言っているし、女の子側の方が大人で、別れたのも2人のことを考えてより良い未来を考えた結果なのかなぁと。こちらは曲調からも歌詞からも切なさが溢れてきます。

 

けれど、


叶わない、叶わないけど構わない

そう言える、そんなただ強がった大人になりたいんだけど


とあるので、彼女も大人なわけではない。言ったことは本心ではないようです。

 

 


さくらのうた」は素直に男の子の気持ちがわかりやすい言葉で表現されているな、という印象で、

「桜の詩」は文学的だな、という印象です。

ここからも、女の子の方が精神年齢が高かったのかなって予想ができます。

 

 

 

他にもこの2曲を並べて比べると面白い部分がたくさんあります。

 

 

「桜の詩」のBメロのギターが、「さくらのうた」のイントロと同じだったり、

 

タイトルにもなっている、2人一緒に歌った「うた」が2曲ともにでてきたり。

 

 

 

 

こうやってどちらの歌詞も見ていると、歯がゆい気持ちになります。

お互いまだ想っているのに!と笑

 

 

これをまったく違う曲調で歌うから、さらにいいです!

 

 


「大切なのは形ではなく記憶に残る彩りなのだ」


 

というセリフが出てくるなんて、絶対傑作小説だと思います!ぜひ読んでみたい!

 

 

 

 

今回は歌詞の引用は少なめです。

勢いのある彼らの曲とはまた少し違う、切なさが良いです!

ぜひ2曲比べて視聴してみてください^^

 

 

*追記 (2018/05/05) * 

今年に入って、この2曲のMVが発表されました! 

生徒と先生という関係性で、それぞれの目線から描かれています。

最後のおふざけは除いて(笑)、やっぱりいい曲です!