今日は[Alexandros]の「Girl A」の歌詞の意味について


自己解釈を行ってみました。


 


この曲はシングルとして発売され、


ドラマ「サイレーン」の主題歌になっていた曲です。


 


11月7日に発売した[Alexandros]のアルバム、『EXIST!』にも収録されています。


このアルバム、かなり今までの彼らの音から飛躍している感じがします。


 


[Alexandros]と言えば疾走感のあるバンドサウンド!という印象でしたが、


 


今回はストリングスを使って音の幅も曲調の幅も広く、


1枚を同じアーティストが作っているのか?と疑いたくなるほどに


バラエティ豊かです!


 


 


 


さて、本題の『Girl A』について。


 


 


作詞作曲の洋平さん曰く、


元は「A Girl」だったのを入れ替えて、特別感を出したそうです。*1


 


 


『Girl A』/ [Alexandros] 


(作詞・作曲:川上洋平


 


 歌詞:http://j-lyric.net/artist/a058de1/l0380ce.html


 


 


 


 1番では、『彼女』の異質さが目立ちます。ミステリアスな雰囲気で、みんな興味あるけれど扱い方がわからず踏み込めない。


 


それが2番では忌み嫌うようになります。


 



Nobody knows about the


誰もかもが浮かれたって気づく



 


ミステリアスな彼女に対して魅力を感じていた自分たちの状態を、普通ではなく浮かれた状態だったと感じる、という意味だと捉えました。


 


これは、自分が理解できる範囲を超えたものに対して、理解できないから遠ざけているのではないかと思います。


 


だって、「嫌う」ではなく、「忌み嫌う」って相当な嫌い方です。


 


「こっちはせっかく心開いて仲良くしようとしているのに、頑なに自分の殻にこもって!お前なんかもう知らねえよ!」みたいな感じかな?


 


 


彼女自身も、周りとは違う風に居たい、という想いがあるように思います。



“誰かが定めた 


 色した あの風景の


 一部にはなりたくないから



 


一匹狼で周りとの関わりを自分から絶っている感じです。


 


でも、このとげとげしさの中に、内面の繊細さが見えます。


 


 


 


サビの “” は『彼女』の台詞だと思うのですが、



私がいなくたって


あの空が堕ちたって


あなたは生き続けるだろう



 とあります。


 


先ほど載せたSOLのリンクの中で、洋平さんは捧げる愛がテーマだと言っています。


 


私がいなくてもあなたの人生は続いていく。でもあなたが幸せならばそれだけでいい。


といったような、見返りを求めない愛。


そもそも「愛」自体見返りを求めるものなのか、人によって解釈はちがうとは思いますが。)


 


洋平さん曰く、寂しさも悲しさもあるが、もっとそれよりも深いところを書いているそうです。


 


私は、そのもっと深いところという部分に、


「でもあなたの人生の中に少しでも私の爪痕を残したい」


といった『彼女』の想いを感じました。


 


 


ただ捧げる愛や、彼女がいなくなっても変わらない世界に対しての悲しさだけだったら、


こんな狂気じみた激しい曲調にはならないのでは?と思うからです。


 


 


 


 


 1番の“無邪気なあの朝に~二度と戻りはしないだろう” は、


あなたは私のことを忘れて(あるいは私といた過去は関係なく)生きていく という「あなた」目線。


 


最後のサビの“無邪気なあの朝に~あなたが生き続ければいい” は、


今も、これからも、あなたと居ることができなくても、


私の記憶の中であなたが生き続ければ良い という「私」目線なのかなと思いました。


 


 


 


つまり、


あなたは私がいなくても何の変わりもなく生きていく。でも、あなたが生き続けていてくれるだけで私は嬉しい。


私自身はあなたと居られなくても、私の記憶の中にあなたが残っているから大丈夫。


だけど、本当はあなたにも私がいなくなったことを少しは悲しんでほしい。いなくなったと気づいてほしい。


 


 


 


ということかな、と考えました。


 


 


 


大分偏った自己解釈になってしまったと思いますが、


解釈はそれぞれだ、ということでお願いします^^;


 


また日が経って改めて考えると、きっと違う解釈をするかもしれないので、


それもまた楽しみです!


 


では今回はここで。


長々とした文章をお読みいただき、ありがとうございました!


 


 


www.youtube.com